治療の妨げになってしまうかも。患者に言ってはいけない言葉

うつ病を軽視するような言葉は慎もう

友達や恋人など身近な存在の人がうつ病になってしまった・・という場合、あなたがかけた1つの言葉が治療の妨げになってしまう危険性もあります。うつ病患者にかけるふさわしくない言葉として挙げられるのが、「うつ病を軽視した言葉」です。例えば、うつ病なんて気の持ちようで何とかなる、気持ちの問題だから病気のうちに入らないなど、うつ病に理解が無い言葉は患者さんを追い詰めてしまいます。うつ症状が悪化してしまうことも考えられるので、注意が必要です。うつ病は気持ちの問題ではなく、脳の機能にトラブルが起こって発症する疾患です。気持ちの問題ではないので、このような言葉は慎むようにしましょう。うつ病の情報を集めれば、このような言葉も出ないと思います。

励ましの言葉もNGとなるケースがある

暗い顔をしている友人・恋人を見て「何とかして励ましたい」と、考える人もいるかもしれません。ただ、うつ病患者さんに励ますような言葉をかけるのは、特にNGとなるので注意が必要です。うつ病を発症した患者さんは、頑張りたくても気持ちや身体がついていけない状態となっています。その時に「頑張って」と他人から言われると自分が責められているように感じたり、どうして良いのか分からなくなってしまうことがあるようです。治療をしている人に頑張ってねと、ついつい声をかけてしまいがちですがうつ病患者さんを追い込んでしまうことになるので、慎むようにしましょう。また、「私も辛いことがある」・「誰でも気持ちが落ち込むことはあるよ」といった、慰めのような言葉もNGとされています。

© Copyright Deal With Depression. All Rights Reserved.