うつ病の友達との接し方のポイント

うつ病の恋人や友人には、普段と同じ態度で接する

うつ病は増加傾向にある精神疾患のひとつですが、恋人や友人などの身近な人が罹ることがあります。気力や意欲が減退したり、気分の落ち込みや不眠、食欲不振などの症状が見られます。恋人や友人に変化が見られると、戸惑いを感じている人が多いため、接し方のポイントを知っておきたい人が増えています。うつ病に罹っている人には、腫れものに触れるような態度は取らず、普段と同じように接してあげることが大事です。外出をしたがらなかったり、電話で話したがらない時は、無理に誘わないことも大事です。うつ病は少し回復してくると、外出をしたり、人と話をしたがるようになります。友人や恋人が外出をしたがっている時は、お付き合いをしてあげると良いでしょう。

無理な励ましや叱責は避けたい

うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気です。十分な休息や睡眠が必要なので、あまり状態が良くない時は、無理に恋人や友人と会わないことも大事です。うつ病に罹ると、マイナス思考に陥りがちになるので、精神科のクリニックでカウンセリングや認知行動療法などを受けるのを勧めてみると良いでしょう。うつ病は適切な治療を受けることで、少しずつ回復してくる病気です。うつ病の患者には無理な励ましや叱責をすると、逆効果になることがあります。うつ病に罹ると、健康な時に比べると疲れやすい傾向があります。一緒に外出をした時も、恋人や友人が疲れていると感じている場合は、早めに切り上げて、帰宅をさせてあげることが大事です。

© Copyright Deal With Depression. All Rights Reserved.