恋人がうつ病になったら、通院について行ってあげるほうがいいの?

恋人がうつ病になってしまった時の対応の仕方

恋人がうつ病になってしまったら、パートナーがしっかり支えてあげる必要があります。うつ病は早期発見することでスムーズな回復へとつながりますが、誰にも相談できずにいることも多いため身近な人が些細な変化に気づいてあげることが重要な鍵となります。またうつ病の状態にある時は判断力や思考力も低下し正しい判断ができない状態になってしまいます。そのため本人が何を言いたいのかを理解してあげようという気持ちで接し、落ち着いて考えることができるように一人になれる時間を作ってあげることも時には必要になります。またうつ病の人のサポートで自分が心身共に疲れてしまわないよう、周囲の力を借りながら対応していくことも大切です。

回復に向けたサポート

恋人がうつ病かもしれないという時はやさしく見守ることも必要ですが、症状によっては治療を勧める必要も出てきます。その場合、本人だけでなくパートナーも病院に付き添い共に治療に取り組むことが大切になります。病院に一緒に付き添うことで、うつ病という病気への理解も深められます。またうつ病の人は自分がどのような状態か把握できなかったり上手く言葉で説明できないこともありますが、本人に代わって医師に伝えてあげることで負担を減らしてあげることもできます。病院に行くことを拒否する場合は無理に勧めたりはせず、医師に前もって相談するという対処の仕方もあります。
うつ病の回復には時間がかかるため、長い目で見守り一緒に乗り越えることが大切です。

© Copyright Deal With Depression. All Rights Reserved.