治療方針について家族で話し合おう!

負担にならない話し合いを

うつ病で悩んでいる家族がいるのなら、これからのことをしっかりと話し合いましょう。ただし、職場復帰などを聞いて、本人を焦らせてはダメなので、まずは治療方針から話し合ったほうがよいです。もしも、まだメンタル系の病院やクリニックを訪れていないのなら診察を勧め、すでに通院しているのならどのような治療を行っているか聞いてみましょう。本人だけではなく、家族も不安な気持ちを抱えているでしょうから、治療方針を明らかにするのはとても大切なことです。ただし、無理に話を聞きだすのは、病気である本人にとってストレスとなってしまいます。うつ病を悪化させてしまう可能性があるので、きちんタイミングを見計らって、治療方針について話し合いましょう。

家族だけで診察を受けられる

家族と治療方針について話し合うことはとても大切ですが、知識がなければ、間違った対応をしてしまうかもしれません。現在では、インターネットやうつ病に関する書籍を読めば、ある程度の知識は得られます。しかし、万人に向けられて公開されている知識では、自身たち家族の状況にあっていない場合もあるでしょう。もしも、自分たちの問題に対応するための知識が欲しいのなら、本人を除く家族だけで、主治医と話をするという方法もあります。メンタル系の病院やクリニックでは、本人抜きでの診察にも対応しているケースも多いため、これからについて話をしてみましょう。うつ病の症状を知った上で、アドバイスを行ってくれるので、より適切なケアができるようになります。

© Copyright Deal With Depression. All Rights Reserved.