うつ病は、患った本人は勿論ですが家族や友達など周りの人も大変です。うつ病患者にどのように接すれば良いのか悩む人もいるでしょう。ここでは、患者を取り巻く大切な人たちの、うつ病治療との向き合い方について解説します。

家族の向き合い方

うつ病の治療をスムーズに進めるためにも治療の効果を高めるためにも、患者の家族の協力は欠かせません。とは言え、同じ屋根の下に住んでいる家族も一緒に、落ち込んでしまうことも多いものです。うつ病治療への家族のベストな向き合い方について考えてみましょう。

治療方針について家族で話し合おう!

家族がうつ病について理解するための方法3選

家族ができる治療的サポートはあるの?

うつ病の家族には励ましや叱責をしない

うつ病は代表的な精神疾患なので、一時的に強いストレスを受けたり、環境が大きく変わると発症することがあります。大切な家族がうつ病に罹ってしまうと、戸惑いを感じている人がほとんどです。うつ病は早期に発見して、精神科の病院やクリニックで治療を受けることで、少しずつ回復してくる病気です。同居している家族は、辛い症状で悩んでいる人にサポートをしてあげたい人がほとんどです。外出をしたがらない時は、無理に誘わず、十分な睡眠や休息を取ってもらうことが大事です。不安や悩みを聞いて欲しがっている時は、時間を掛けて話を聞いてあげることが大事です。症状が重い時は、薬の管理をしてあげたり、無理な励ましや叱責をするのは避けて下さい。

家族の変化に敏感になることが大事

うつ病はカウンセリングや、抗うつ剤などの内服薬が有効なので、定期的に通院をすることで少しずつ症状が改善してきます。うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気なので、家族の変化に敏感になることが大事です。うつ病の症状が改善してくると、外出が出来るようになったり、友人と電話で会話をするようになります。うつ病の患者は、健康な人に比べると疲れやすい傾向があります。旅行などのレジャーは負担になることがあるので、近くを散歩したり、飲食店に誘うのもお勧めです。精神科の病院やクリニックに通院をする時は、なるべく付き添ってあげることが大事です。家族が医師と話をすることで、本人が気付いていない症状も伝えることが出来ます。

友達や恋人の向き合い方

治療の妨げになってしまうかも。患者に言ってはいけない言葉

友達や恋人など身近な存在の人がうつ病になってしまった・・という場合、あなたがかけた1つの言葉が治療の妨げになってしまう危険性もあります。うつ病患者にかけるふさわしくない言葉として挙げられるのが、「…

See More »

恋人がうつ病になったら、通院について行ってあげるほうがいいの?

恋人がうつ病になってしまったら、パートナーがしっかり支えてあげる必要があります。うつ病は早期発見することでスムーズな回復へとつながりますが、誰にも相談できずにいることも多いため身近な人が些細な…

See More »

うつ病の友達との接し方のポイント

うつ病は増加傾向にある精神疾患のひとつですが、恋人や友人などの身近な人が罹ることがあります。気力や意欲が減退したり、気分の落ち込みや不眠、食欲不振などの症状が見られます。恋人や友人に変化が見られる…

See More »

© Copyright Deal With Depression. All Rights Reserved.